« ぶん旅☆ニコタマ〜三宿編 | トップページ | 桜舞い散るランで »

犬への愛。

Img_5951

”犬を飼うっていうのは、
人間の生活の中に動物に来てもらうこと。
だから幻想をもっちゃいけない。”



Img_5970_2

”与えられた環境の中で生きて行けばいい。”


Img_5973

”一緒に暮らす中で距離感だったり、リズムだったり。
必要なものを生み出して行くことが大切。
それが一緒に生きるっていうこと。”



朝焼けの公園をぶんたとのんびり散歩をしながら。
そんなムツゴロウさんの言葉を思い出していました。

Img_5991


これまでも。

「飼い主が幸せじゃないと、犬も幸せじゃない」
「犬は、悪くない」

このたった2つのことが
本質的には(極論ですけど)
犬と暮らして行く上で大切なことで
日常生活のこまごまとしたことって、
実は人間が気にするほど犬って気にしてないんじゃないかなって
漠然と思ってきました。

Img_5996

ぶんたと暮らして1年ちょっと。

もちろん自信がなくなって
その思いが揺らぐこともたくさんありました。

でも。

その漠然とした思いは
とある雑誌で見つけたムツゴロウさんの言葉で
しっくり私の中で落ち着きました。

日常生活の延長上に、
駒沢公園がありドッグランがあること。

”今”の私とぶんたには
この環境が一番幸せで楽しいんだろうなあって。



ドッグランまでの道程はぶんたと一緒に園内の自然を楽しみ、
すれ違う人たちと気持ちのいい挨拶をかわし、
ぶんたもまたすれ違う犬達と楽しげに挨拶をして。

Img_6065

(柴のくぅさん。お相撲して遊んでくれてありがとう!!)

どっちか片方じゃなくて
お互いが気持いい時間を過ごせるって最高に幸せだなあと思うのです。


コンクリートの柵で囲われたドッグランでしか
おもいっきり走れまわれない。


Img_6011

そんな生活をかわいそうだと思う人もいる。
私も大自然の中で自由に駆け回る犬は楽しそうだなあと思う。

でも、これが私とぶんたが選んだ生活。

Img_6045_2

こんなに楽しそうなんだもの。

ちょっとくらい足から血がでたって、
かあちゃんが介抱してきれいにしてあげればいいだけなんだよね。


人間と生きる上で最低限のマナーは人間と暮らすことで
覚えていくとしても。

犬同士で学び合うことに比べたら
それすらちっぽけなことなんじゃないかって思うことがあります。

Img_6015

言葉を話さない犬だから、
何を思い何を伝え合っているのか知ることはできないけど。


犬の生き方を
人間の都合だけでどうこうしてやろうっておもうのは
少し穿った考えなんじゃないかなって思うのです。

Img_6053_2

(今日も元気だったぜんまるくん☆)

Img_6006

(初めてお会いしたまだパピーのぽんたちゃん☆)

こうして、信頼できる人に寄り添うときの
犬の表情もすごく好きだけど。



ランでみせる犬らしい姿はやはり美しいと思うのです。

Img_6010

 

Img_6027

Img_6030


だから。

かあちゃんはランにいる時間も幸せなんです。

Img_6052_2

こんな笑顔みられるしね☆


最後に。

Img_6055


”マニュアルをもって犬を飼おうとするから失望感を味わう。
命と付き合っていくのにマニュアルがあったら
ぎくしゃくしてどうにもならない。
一瞬一瞬が変化してるんですから。
人生の道の中で一緒になって離れられなくなるのが
犬と人間だと、私は思います。”


たくさん情報がありすぎて、
愛する我が犬とどう付き合っていけばいいのか迷ったときに。

皆さんにも是非思い出してほしいし言葉ですし
私も忘れないようにしたいと思います。

犬との生活はどんなカタチであれ
きっと人間に多くの幸せをもたらしてくれるはずですから☆

************************************

今回のムツゴロウさんのお話は。

Img_6066_2

【BRUTUS】の2008年3月1日号のものです。

とても素敵なおはなしがたくさん掲載されています。




かあちゃんのひとりごとに
最後までおつきあいいただきありがとうございました☆

無芸大食だけど、
最高の相棒に恵まれてかあちゃん幸せものです。

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

|

« ぶん旅☆ニコタマ〜三宿編 | トップページ | 桜舞い散るランで »

コメント

その通り!!
読みながら号泣しちゃいました。crying
ぶんたんのいつもの笑顔はゆかさんからのたっぷりの愛情と幸福感があるからこそ。
さっきまで我が娘にちょいと意地悪しちゃった自分に後悔。
明日は公園行こうっと。そして日系書店に行ってBRUTUS探してこようっと。
ゆかさん、ありがとう☆ヾ(TωT。)

投稿: kaz | 2008-04-05 12:50

ありがとうございました。
目からウロコの言葉の数々、かみしめて生きたいですね。
犬(動物)を飼う、犬(動物)と暮らす者にしか味わえない
喜び、楽しみ、悩み、苦しみ・・・湧き上がる感情
その瞬間のすべてを大事に受け止めていきたいです。
私はまだ飼育歴2ヶ月ちょっとです。
不安なこともたくさんありますが、どんなときも
惜しみない愛を捧げられる相棒に出会えた幸せを
いつまでも忘れないでいたいと思いました。

下から二枚目の「こんな笑顔」
あまりにも美しすぎてしばらく固まってしまいました。
ゆかさんがぶんたんに捧げる愛情に負けないくらい
私もむぎと向き合って、愛していこうと誓います。

投稿: とりぷるうびこ | 2008-04-05 12:56

マニュアルなんてないんですよね。
私もちょうど同じようなことを考えてて
ブログで綴ってみようなんて思ってたんです。

人間だって子育てで完璧なマニュアルなんてないし
何より大切なのは愛情であって
その愛情を受けて個性が成長して。
時には反抗したり失敗もするけどそれは私たち人間も同じ。

ぶんちゃんは幸せだな~
ステキなパートナーさんと出会えて^^
でもレオジルもぶんちゃんに負けないくらい
幸せモノのはず。笑

投稿: yosi | 2008-04-05 13:24

>kazさん

大事なことってきっとシンプルなことなのに、いろいろ複雑に考えちゃうのは人間の悪い癖なんですよね。。
余計なものをどんどん削いで行ったときに見えてきたものがきっと私たちが大切にしたいものでそれを大切にできてるときが幸せなんだろうなあって。
ぶんた、日向が気持ちよくてずーっとお昼寝してるんですけど、こういう姿もほんと癒されます。

BRUTUS少しだけ前のものなのですが内容は素晴らしいので保存版としてもおすすめですhappy01

投稿: ゆか | 2008-04-05 14:28

>とるぷるうびこさん

本当に素敵な雑誌に出会えて、これはいつかカタチにしてブログに書きたい!ってずっと思ってたんです。
なかなか言葉にするのに時間がかかってしまって更新が遅れてしまいました。。

でもとるぷるうびこさんの気持ちに何かが残って下さったようで嬉しいです。
幸せな今を大切にしながらも、私もぶんたもこれからもどんどん変わって行くから幸せのカタチも変わって行くと思うんですけど、それを楽しみにしたいとおもいます。

投稿: ゆか | 2008-04-05 14:31

>yosiさん


なにかに狂信的になったりするのがすごく疑問だったんです。情報が多すぎて混乱しちゃう人もたくさん居そうなくらいだし。。
幸いぶんたを通じてたくさんの方とお会いしてお話を聞いたり犬と向き合う姿を拝見して、本に書いてることは参考程度で、それをふまえつつ自分のところにやってきてくれた犬の個性を尊重して一緒に暮らして行くことが大事なのかな〜って。

レオジルコンビももちろん、幸せものだよね★

投稿: ゆか | 2008-04-05 14:33

私は、一時期悩んだ事があるんです。
それは、ネオが犬嫌いで、まったくお友達が出来ない事!
そんな時、トレーナーの方に
『他の犬と遊べる子もいるし、そうでない子もいる!
どちらが幸せで、どちらが可哀想って事は無い!
この子はママと遊ぶのが好きなんだから、それでいい!
無理してお友達を作ってやろうなんて思わないで!』
って言われました。
今回のゆかさんのブログを読んで
何故かこの時の事を思い出しました☆
飼い主が幸せじゃないと、犬も幸せじゃないし
飼い主が不安定な気持ちでいると
犬にも伝わっちゃうでしょうね。
なんか、話がそれちゃってゴメンなさい・・・。(苦笑)

投稿: ネオママ | 2008-04-05 15:16

そうですね・・・
マニュアルなんて必要ありませんよね。
人ってどこか他人と比べたりするところがあるけれど
マニュアルがないってことは比べるものも無いということですよね・・・

僕と福助にとって大切なのは
僕が幸せであり、福助が幸せであること
僕だけの幸せも、福助だけの幸せも
僕と福助の関係では必要の無いものだと思ってます。

僕と福助には誰とも違う二人の関係があり
これからも二人だけの独自の絆を深めて生きて行きたい。
お互いを信じていれば言葉も必要ありませんね。
最高のパートナーとして生きていきます♪

ゆかさんとぶんさんを見ていて
いつも思うのは幸せそうだなぁ・・・って
僕の理想というか、
僕もそうありたいと思える、素敵な関係♪憧れです(^^)
「BRUTUS」のバックナンバーゲットしたいと思います。

ゆかさんとぶんさんには、いつも色々なことを
気付かせてもらってますね。
心から感謝してます♪

なんだか意味不明の文章で・・・
伝わらないかもしれませんが(笑)

投稿: taka3chie | 2008-04-05 15:49

今朝方はお目にかかれて嬉しかったです。
いつもしつこい善丸が、こちらのbrogで元気いっぱい輝くワンコに見えまする。
飼い主だけじゃなく色々な人に気に掛けてもらって、
そりゃもぉ幸せなんだぞ!おまえはっ!と言ってやりたい気分になりました。
ありがとうございます。
善丸のことでクヨクヨすることが多い日々ですが
今あるこの環境を精一杯楽しむ毎日を大切にすることを
肝に銘じて暮らしていきます、ね。

投稿: いぢょ@善丸保護者 | 2008-04-05 16:03

ムツゴロウさん、おっしゃることが深いですね。
動物と生きるってことに真剣に向き合ってこそのお言葉ですね!

うちも一吾さんが来る時に、「お留守番させるのに飼うなんてかわいそう」って言われたことがあります。
そのときペットショップで「犬はお留守番できますよ」って言われて、真剣に悩んで、色々話し合って我が家に迎え入れました。
犬を飼うにあたって、マニュアルや情報は便利だし役に立つけど、振り回されないように!っていうのが大切かな~と最近は思いますね☆
一吾さんがきてから新しい発見とか学ぶものも多くて、今は「一緒に暮らせてよかった」って気持ちでいっぱいです♪
なんか訳分からん文章でスミマセン。。。

今日もぶんたくんの笑顔満開★で癒されました~!!


投稿: まぁ~ | 2008-04-05 17:57

マニュアルをまったく無視するタイプの私ですが、
体を張ってなんでも教えてくれる先生がいますよ。

それは、最近特に感情を表現するようになった女将さんです。
私の都合でリアルなワンコ友達もいません。
散歩も気まぐれにしか連れて行ってくれない飼い主との生活で
果たして幸せなのか?と思った頃もありました。
客観的にみると可哀そうと思われそうだけど、
なにより「飼い主と一緒にいることでいかに幸せを感じるか」ってことが
大切なんじゃないかな。
ちゃんと飼い主がワンコの様子を見てあげてればその時々で
ワンコが幸せ気分かどうかわかりますよね?

と、偉そうなことを書いてしまいましたが、あくまでこれは
我が家の女将さんの場合ですので。

投稿: 親方 | 2008-04-05 18:18

>ネオママさん

トレーナーさんのおっしゃったことは、そのときのネオままさんには心強かったのでは??

犬が得意じゃなかったら無理に犬と会わせることは亡いと思うんです。ネオくん、大好きな家族に囲まれてとても幸せそうだもの!

こたつが好きで一年中こたつにいたい犬だっていてもおかしくないし、それがそのこの幸せだとしたら、”そんなの犬らいくないよ〜”なんて誰もいえないと思うんですよ。

投稿: ゆか | 2008-04-05 19:10

そなんです。マニュアルなんて必要ないんです。
私もBRUTUSのムツゴロウさんの言葉もそうだし、行っているシャンプーの店の方の言葉で『他人は他人。ウチはウチ。」と肩の力を抜いてFallonと向き合おうと思える様になりましたもん。
と言うのは、ウチの近所の飼い主さん達からアーダコーダ言われるのが
凄くストレスになってた事がありました。
『お留守番はカワイソウな事をさせている」『そのdog foodはダメよ(一応プレミアムなんですけど。。。)」「ウチの子は拾い食いせんけどFallonちゃんはダメな子やな」などなど。書き始めたら止まらない!ってくらい。
だから色々言われれば言われるほど不安になる。その結果イライラした状態でFallonと接していた気がする。
だから「他人は他人」「ウチはウチ」と思える様になった時、
Fallonに「ゴメンネ」と謝りましたね。
いまはFallonとpapa&mamaの関係は上々だと思います。(思いたいです)
スンマセン。ウチの事ばかりで。

投稿: F’s | 2008-04-05 19:12

>taka3chieさん

最近、やっとこういう気持ちになれたというかすっと自分の中で消化できたというか。。なんか文章にするとうまくまとまらなくてすみません。。

福助くんととおちゃん。
二人の幸せは誰かに評価されるものでも批判されるものでもなく絶対的なものだと思うんです。

一方で、自分たちの流儀と違う家族のカタチがあってもそれはそれとして尊重したいと思うし、これって大事だとおもいます。

これからも楽しいドッグライフを★


投稿: ゆか | 2008-04-05 19:13

>いぢょ@善丸保護者さん

あんな時間に善丸クンに会えるなんてうれしかったですhappy02
ランにいくといろんなわんこやいろんな飼い主がいて、我が家の流儀が通用しないこともあるのでそのへんの折り合いは必要だから気を遣われることもあるかもしれません。。
それでも善丸くんが楽しく怪我なく元気に過ごせて、大好きなママに抱っこしてもらってあんなにいい笑顔をみせてくれるってやっぱり幸せですよね★

いろんなアドバイスがあるかとおもいますが、あくまで参考にとどめてそのことを深刻に考えすぎてママさんが疲れちゃわないでくださいねwink

投稿: ゆか | 2008-04-05 19:17

>まぁ〜さん

世の中、四六時中愛する犬と一緒にいられる人のほうが少ないと思うんです。。

でもイメージだけで”留守番ばっかりなら飼わなければいいのに”とか、”犬を置いて旅行に行くなんて信じられない!!”なんて簡単に口に出されるのをきくとちょっと悲しくなります。

その家庭の流儀、秩序があるのにそれを尊重できないのは悲しいです。。

一吾くん、運命的にまぁ〜さんちのこになって毎日楽しそうだものねhappy01

ぶんたもいい笑顔でした。

投稿: ゆか | 2008-04-05 19:20

>親方さん

女将さんはいつもまったり親方のそばにいてすっごい安らいでるなあっておもいますよ。
犬だから必ず散歩行かなきゃとか、犬同士で遊べないなんてってことはないと思います。
ムツゴロウさんは”犬は幸せっていう抽象概念すら持ち合わせてない”って書いてあるんです。
”うちのこ今幸せだろうなあ”と思うのすら人間の都合だと。だから犬と正対して気持ちを向き合わせることが大事だって。

そういう意味では女将さんと親方はお互い毎日向き合って気持ちの交換ができて人にはわからない強い絆があるんじゃないかな〜って。

そんなふうに思いました。

投稿: ゆか | 2008-04-05 19:23

>F'sさん

そんなことがあったんですね。。

”うちはうち、よそはよそ”って気持ち大事だとおもいます。もちろんよその流儀なりを尊重する気持ちも。

パピーの頃は右も左もわからず、とにかくマニュアルとか先輩パパママの意見とかすごく大きく捉えちゃうけど、少し成長が落ち着いてくるともう同じ犬種でも個性が出てきてトラブルとの向き合い方も変わってきますし、”トラブル”の考え方だって家族がトラブルと思わなければトラブルじゃないんですよね。

もちろん公共の場では最低限のマナーは守るとしても。

人間同士の付き合いのストレス、犬にがんがん伝わるからきっと今はfallonちゃんも自信回復して、楽しくパパママと過ごしてるんでしょうねhappy01

投稿: ゆか | 2008-04-05 19:29

ムツゴロウさんってちゃんと人と犬は違うんだって思ってて、私は好きです。
人ってどうしても犬や猫に自分の気持ちを押し付けちゃってるところがあるような気がします。
ただ、人間は人間のやり方でしか、犬を理解できないので、それも仕方ないかなぁと思うんですけど・・・。
あ~なんか言いたいことがまとまりません・・・。
私もこの雑誌、探してみようかなぁ。

投稿: サビ | 2008-04-05 21:08

どれが正しくてどれが間違ってるとか、そんなの関係ナイ
躾とゆって色々な事もあるけど(確かにしなくてはいけない事もあるけど)
自分が幸せで、その自分がウチのワンコは幸せだろうなってソレがたとえ
独りよがりだったとしても、自分自身が”幸せ”とそう思えるなら
わしはそれだけで良いと思います。
ただ、部屋にゴロンって寝転がってるの、そういうの見てるだけで
微笑ましかったり、一緒に歩いてて普段目に入らなかったモノが
見えて来たり、ほんの些細な事で良いんですよそういうのは。。。
わしはワンコを”飼ってる”っていう言い方がすごく嫌で、家族なのに
大好きなのに、どうして差をつけるんだろう!?って。。。
飼い主が上に立たないと犬にバカにされるとか、ソレが間違ってる
とは思わないけどきちんと愛情注いで育ててれば伝わるハズだし、
そこで”人と犬”って区別しちゃってる事の方がわしは嫌です。
でも、ゆかさんのそういう気持ち、ぶんさんにはちゃんと伝わってる
と思います!だってぶんさん、すっごい良い笑顔するもん♪

投稿: ノビ | 2008-04-05 21:10

犬を飼うのは、初めてではないのに
なぜだか不安いっぱいな飼い主=私。
その飼い主の影響を受けてしまったのか
ものすごく神経質でびびりんぼうな我が息子。
本当に心配なことだらけなんですが
今日のゆかさんの記事を読んで
気持ちが軽くなりました。
気負わず、ゆっくり、一緒に歩んで行ければ。
忘れがちなこのことを、忘れずいきたいです。

投稿: 姫だるま | 2008-04-05 21:14

今日のゆかさんの文章、何度も何度も読んでしまいました。
本当にそう思います。
情報が溢れている今、もちろんそれに助けられることもあるのですが、
振り回されること、迷うことのなんと多いことか。
これからはそんな時にこの言葉を思い出します。
マニュアルではなく、目の前にいるコタロウのことを
よく見ようと思います。
ゆかさん、ありがとうございました☆

投稿: kotaji | 2008-04-05 21:30

ゆかさん、ありがとう!!
私は仕事や自分の悩みであまり深く考えては
いなかったのかもしれません・・・
愛が足りないとかそうゆう事ではないのですが。
改めて命の大切さ、犬との信頼関係をより深く
考えさせられました。
本当にありがとうっweep

投稿: モコ | 2008-04-05 21:58

本当にそうですね。
実はアタシの実家でアタシが幼い頃捨て犬だったMIXを拾ってきてメチャクチャ大事にしていました。
でも、それはアタシの心の中での話で、実際にあの子は幸せだったのか今も自信がありません。
上京が遅くなったのも彼を残して家を出ることに抵抗を感じたからなんです。どこかでつぐないの気持ちがありました。

その子は昨年の8月に20歳で天国に行きました。
その直前に実家から連絡があって、出産間もないけれど、わがままを行って帰りました。その2日後、息を引き取ったと連絡があったんですが、実は彼と私は1つだけ約束をして帰ってきていたんです。
『最後の時は、夢でもいいしなんでもいいからお別れを教えてね』
って・・・
彼は約束を守ってくれました。
夢を見たんです。

でも、やっぱり未だに自分の幼さやわがままで寂しい思いをさせていたんじゃないのかな?って思ったりします。

でも、ゆかさんのお話を読んで、ちょっとだけ気が楽になりました。
彼も幸せであったのかなって。アタシは今でも彼を思い出し、心の中で話しかけるときがあります。
それもアタシと彼の関係なのかな?
形はなくとも、彼はまだ私の中では元気で走り回ってます。
それはこれからも変わりません。
それを自信持たせてもらいました。
ありがとうございます。

長々の文ですいません。でも、感謝の気持ちを伝えたかった。

本当にありがとうございました!

投稿: ミィ | 2008-04-05 22:46

う~ん 詩的でよかざんす。
こちらは自然の中でたっぷり遊ばせれて幸せです。
でも都会のドッグランにはちょっと憧れる(笑)

自分も思うんですが例えば親子の関係についても動物の親子ほうがはるかにしっかりしてますし、動物から学ぶことって凄く多いと思うんですよね。

我々人間は何もかもが当たり前の状況で生きていて麻痺してるかもしれません。

ぶんた君今日もいい顔してるぞ!!
早朝の公園での散歩はなかなか雰囲気あってよさそうですね。

投稿: そらぱぱ | 2008-04-05 23:24

ゆかさんの(ムツゴロウさんの)言葉が、かなり心に響きました。
私はまだあぐりを迎えて2ヶ月程。
犬を飼う事すら初めてで、何もかもが初体験。
だからこそ、マニュアル通りに進まないと不安になったり、精神的にもやられてしまう事が沢山です。きっとこれからも、つきものなんだろうな、って思ってました。
でも、今日読ませて頂いて、個体差なんて皆あるし、生き物同士、お互い分かり合う事が大事なんだと改めて思いました。
私もブログをやって、こんなステキな言葉を頂いて(?)感謝です!!

投稿: mama | 2008-04-05 23:26

なんだかじ~んとしちゃいました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
ぶんちゃんが幸せなのはお顔を見ていればすぐにわかります。
ゆかさんの愛情をいっぱいもらってる笑顔♪
ワンコと暮らしてみて、まっすぐな目を見ていると、人間ってなんて計算高くて姑息な生き物なんだろうって思うことがあります。
よっぽどこっちのほうがいろんなこと教わってる気がします(●´ω`●)

投稿: satoco | 2008-04-05 23:33

私、カンベエ飼い始めて飲みに行くのも減ったし
正直、友達から飲みに誘われるのも少なくなった。
飼い始めて1ヶ月は、正直ものすごい悩んだし
「この子はウチの子で幸せなのか?」って、思ったりもした。
でもこの子にとって、私と子鹿が全て。
大変なことも多いけど、感動することも多い。
そしてこうやって、沢山のお友達が出来た。

こないだね。子鹿に「カンベエは幸せかな?」って聞いたの。
そしたら
「幸せだよ。だって楽しそうだもん。」って。

ぶんた、いつも楽しそうだよ。
だから幸せだよ。きっと。
このブログにはぶんたへの愛であふれてるもん。幸せもんだよ。

投稿: RIKAX | 2008-04-06 01:22

>サビさん

ムツゴロウさんは確かに人と犬は別の生き物っていう前提でだからどう付き合って行くかっということをずっと考えながら生きてらしたんだとおもいます。
だから愛情だけでなく秩序も必要で、それも自然と生まれてくるもの、犬が自ずから身に付けて行くものだって。

バックナンバーになってしまいますが、ムツゴロウさんのお話の他にもいろんな環境で生きている犬の話、かの有名な文豪と犬の話。たくさん心に響くお話が余すところなく掲載されているのでもしよかったら読んでみてくださいませhappy01

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:34

>ノビさん

そうですね。犬との暮らしがなかったら見えてこなかった日々の中にある幸せ。それを人間が独りよがりだとしても感じて幸せだと思う気持ちがそばに寄り添う犬の安らぎにつながるのかもしれません。
私もこのブログにはぶんたと一緒にいることで感じた日々のささやからな幸せを綴っているつもりなんです。
だから、わたしの気持ちがぶんたに伝わってるのかああいういい笑顔をたくさん見られるとやはりうれしいです。

家族という小さなコミュニティーにいるとき。
犬との関係はほんとに絶対的なものでそれは誰にも意見されるものではないと思うんです。
ただうちみたいに都心でたくさんのわんこと同じ空間で遊ぶ機会が多くなってくると、うちの流儀を貫きつつでもよその流儀とも折り合いをつけてという場面が多くなってきます。でもその中で見つける”こんな関係あるんだあ”って+の発見があるから、公園での出会いはとても楽しいのかなあなんて思ったりして。

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:39

>姫だるまさん

犬もそれぞれ性格があるし、やはり子犬を迎えたときは毎回不安や心配が先に立ってしまうと思うんです。。
でもそうやって手探りしながら一緒に関係を築いて行く共同作業がきっと大切なのかなあ。

人間もわんこも一緒にゆっくり成長して行くんだと思うんです。だからのんびり構えすぎず、でも犬と向かい合うことを怠りすぎず。のんびりゆっくりでいいんだと思いますよhappy01

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:42

>kotajiさん

思いつくままに書いてしまって、変な誤解を生んだらどうしよう、、なんてアップしたあと不安になったりしたけど、共感していただけてとてもうれしいです。
フレブルさんは頭数も多いし専門雑誌やイベントも多いからボストンよりもっともっと情報が多くて、それがためになったり不安材料になったりしちゃうとおもいます。
でも、コタロウさんはコタロウさん。
kotajiさんがコタロウさんにとってこれいいかも!って思ったことだけ上手に取り入れて行ければいいのかなあって。

こちらこそ、ありがとうございました☆

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:45

>モコさん

自分の心配事で頭がいっぱいなときはやっぱり犬に気持ちを寄せてあげるのって難しいときがありますよ。。
私事ですが、ぶんたが小さい頃体調崩してほとんどかまってあげられなかったり、ぐずってるぶんたを目の前に何かしてあげたいけど何もしてあげられないなんてことがよくありました。一人遊びが上手になってしまったのはそんな私との時間があったからかなあなんて今でもちょっと寂しく思う事もあるんです。
(でも留守番が長くなったりすると一人遊びできてよかったのかも、、なんて結果オーライって思う自分もいたりするんですけどね(笑))

犬の命は人間より短いから1日1日を大切にとおもっても、人間には人間の世界もあるから、短期間をみて”駄目な飼い主だった”って思うのではなくて、ちょっと長いスパンでみて”この前かまってあげられなかったら今度の週末はおもいっきり遊んであげよう!”っていうくらいの適度なゆるゆる感があっていいと思うんです。

だって一緒に暮らしてるのだからあまり気を遣いすぎちゃうと疲れちゃうでしょwink

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:50

>ミィさん

犬って”かわいいじぶんのこども”って感覚でみてしまうことがおおいけど、実は犬が親のような愛情を人間に注いでくれてたりするんだとおもいます。
昨年亡くなられた実家のわんこさんも、甘えてくれたりしたくれたミィさんに親のような優しい気持ちで接してくれたのかもしれないです。

ぶんたもまだ1歳ちょっとだけど、だいぶわたしの気持ちを察するようになってきて。

だから息子から相棒っていう感覚に変化してきたんです。そのうちわたしのおじいちゃん、になるのかなあ。
そのときが楽しみだし、とにかく元気で楽しくファンキーな白髪おじいちゃんになってほしいなってcatface

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:54

>mamaさん

パピーの頃は特に成長具合や他のワンコと会ったときの反応とか、やたらと”うちのこ普通なのかな。。”ッて考えちゃう場面が多いと思うんです。
でもあぐりちゃんはあぐりちゃんだから、最低限のマナーは一緒に覚えてもらうとしてもそれ以上のことはやっぱりパパとママとあぐりちゃんが一緒に過ごすなかで築いていければいいのかなあって思いました。

ひとりごとのつもりで書いたのに、共感してくださってとてもうれしかったです。

投稿: ゆか | 2008-04-06 03:57

>そらぱぱさん

朝焼けのピンクに散り際の桜が染まってそりゃもう美しい朝でした。桜のはなびらでぶんたをわしゃわしゃして桜まみれにして遊んでました(笑)

都会の公園も人工的だけど捨てたもんじゃないです!

最近は特に動物から教わる事が多い気がします。
人間が動物らしく生きることができなくなって、本能として大事にしていたものがなんだったのか忘れかけてるからかもしれませんね。

朝からご機嫌でわたしもぶんたも楽しい1日でした。
そらくんも今日も海へお出かけかな??

投稿: ゆか | 2008-04-06 04:01

>satocoさん

ほんとですよね〜!
うちにかえってほっとするのは、人間同士の付き合いでちょっとだけ擦れた気持ちを犬の目をみることで癒されるからなのかなあ。ほんとにまっすぐな目でみてくるんですよね。嘘はつけないです。

人間が人間らしく生きづらくなってきてるから余計に動物のまっすぐな生き方に憧憬の念を抱いたりするのかなあ。

投稿: ゆか | 2008-04-06 04:03

>RIKAXさん

なんかね。”じぶんちのこは幸せかな?”なんて疑問に思わなくても”そんなのあたりまえじゃん”ってじつは犬のほうが達観してるというか(笑)
複雑に考えすぎちゃうのはほんと人間の悪い癖で。
毎日ごはん作ってくれて抱きしめてくれて。
きっとそれだけでも犬は楽しくてたのしくてしょうがないのかもしれないです。

ブログを書くようになってから、今の幸せが当たり前じゃないこととか、関係が少しずつ変化していることとか自分なりに気づく事もあるんです。
なんとなく思うだけだとすぐわすれちゃうの(笑
だから文字や写真に残して確認したり、新しい次の一歩を模索してたりするのかもしれません。

まあぶんたはいつもマイペースでそんなかあちゃんの考えてる事なんてどこ吹く風ですけど、そういうとこがまたいいんですhappy01

投稿: ゆか | 2008-04-06 04:07

賛同しますっ、ものすごく
「お互いが気持いい時間を過ごせるって最高に幸せだなあ」
猫とニンゲンもそうだと思ってます。
この記事を読んでつくったわけじゃなかったんだけど
今日の記事はシンクロしてるのでトラックバックさせてくださいね。
正直、今、くまきちチッコテロで揺れるキモチもありますが
動物と暮らすということの根本をもう一度、確認できた気がします。
ありがとう♪

投稿: ぷれこ&くまきち | 2008-04-06 11:33

>ぷれこ&くまきちさん

そうそう。犬だけじゃなく猫さんも。
トラックバックありがとう☆
くまきちくん、最近春のご乱心みたいだけどぷれこさんとまったりしてるときの表情はとってもおだやかですねhappy01

あんまりちっこテロが続くなら”おむつつけちゃうぞ!”って脅迫してみちゃったりして(笑)happy02

投稿: ゆか | 2008-04-07 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/331559/12300594

この記事へのトラックバック一覧です: 犬への愛。:

» まったり [スコ猫くまきち日和+]
まったりした時間をすごせることが いちばんの贅沢さ ↓ 各ランキングに参加中 ↓  応援ポチッをお願いします↓ ありがたや~ありがたや~ PS おまけ のび~っの写真... [続きを読む]

受信: 2008-04-06 11:34

» 犬の気持ち [犬の気持ち]
こんにちは。この度、犬のしつけ情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008-04-15 13:49

» 愛犬グッズ [愛犬グッズ]
こんにちは。この度、犬のしつけ情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008-04-29 11:44

« ぶん旅☆ニコタマ〜三宿編 | トップページ | 桜舞い散るランで »